文禄堂

pre

next

あゆみブックス[荻窪店][高円寺店]が
新しいカタチの本屋「文禄堂」
として生まれ変わります。

スクロール

文禄堂とは

本屋の原点へ。

文禄堂は、あゆみブックスがプロデュースする
あたらしい形態の本屋です。

文禄堂(ぶんろくどう)という名前は、
あゆみブックスの前身であり、
江戸時代のころに栄えた「書肆文禄堂」に由来します。

「書肆文禄堂」は、書物のみでなく、戯作、川柳など、
さまざまな文化や娯楽を追求した
「まちの本屋」だったと言われています。

文禄堂は、その名を引き継ぐとともに、
その「まちの本屋」という原点を
たいせつにする本屋であろうと考えています。

街のための本屋であること。
街の文化の発展に貢献すること。
本を愛する本屋であること。

文禄堂は、あたらしい街の本屋として、
がんばっていこうと思います。
どうぞお気軽にお越しください。

荻窪店

東京都杉並区荻窪 5-30-6
福村産業ビル1F
TEL 03-3392-2271

      • 荻窪店

      • 荻窪駅の南口は都下屈指のベッドタウン。歩いてみると小さなお店も点在していて、暮らす人とはたらく人がしっかり根付いた落ち着く町です。当店では駅近くという立地から、荻窪の皆さまに生活の動線の一部としてご利用いただいています。資格書や学習参考書からコミックや人文書まで、必要なものが手に入る、町の新刊書店です。

      • 荻窪店

      • BOOKROUTE

        入り口で皆さまをお迎えするのは、当店自慢のBOOKROUTEです。普段はポップな本棚としてお店にいますけれども、実は約400冊の本を載せたまま公道を走ることができる小さな移動販売店。野外イベントに出展したり、街中を走り回る広告塔としてもがんばろうと思います。出版社さんをはじめとする皆さまへのレンタルも行っています。

      • 荻窪店

      • 雑貨ハウス

        小さな雑貨がもたらす生活の潤いの大きさには、いつも驚かされます。この場所では定期的に企画が入れかわり、定番ものと新しいものが私たちの日常を彩ってくれます。自分のために、誰かのために、どのような目的でも気軽にのぞける空間です。

高円寺店

東京都杉並区高円寺北 2-6-1
高円寺千歳ビル1F
TEL 03-5373-3371

      • これまで高円寺の北口で利用されてきた、雑誌・書籍・コミックのラインナップはそのまま、いや、さらに在庫数が増えました。見やすくて充実した棚を目指します。この町に住んでいる皆さんにとってうれしい書店になるといいな。スタッフ一同、気分を新たにがんばります。

      • ドリンクスタンド

      • ドリンクスタンド

        店内入り口にドリンクスタンドを作りました。カフェではなく、ドリンクスタンドとしたのは、ほんとうに気軽にワンショットのコーヒーを飲むためです。店内で召し上がっていただいても、そのままお持ち帰りになっても、お好みで。紅茶やジュースもご用意いたしました。

      • イベントスペース

      • イベントスペース

        店内奥のキャットウォークに囲まれた空間では30人弱のイベントスペースとしてもご利用いただけます。我々が企画したイベントも行いますし、出版社さんが企画する新刊や既刊のためのトークショーにもご利用いただけます。そして高円寺は音楽の町でもあります。アンプラグドの小さな音楽イベントも定期的に行っていく予定です。

早稲田店

東京都新宿区馬場下町 62-4
芝田ビル1F
TEL 03-3203-7123

      • 本

      • 当店は早稲田大学の通学路に面し、1988年のオープン以来、学生とともに歩んできました。 雑誌、コミックはもちろんのこと、知的好奇心を満たすような人文書、学術書まで、見やすくも発見がある棚を目指します。これからも学生街の本屋として、学生、まちに寄り添い、良書を紹介します。

      • イベントスペース

      • イベントスペース

        ”Table Talk Waseda” 店内奥にイベントスペースを用意しました。イベント時には稼働式の本棚を移動することで、着席30名程度のイベントスペースとなります。“Table Talk Waseda”の名の通り、登壇者と観客が雑談できるほどの距離感で“早稲田”にこだわった多種多様なイベントを開催します。

      • POP UPコーナー

      • POP UPコーナー

        ”Waseda Book Gallery” ミニギャラリーとしても使用可能なPOP UPコーナーを用意しました。本と雑貨、本とアートなど、本を通して新しい商品との出会いを提案します。